FC2ブログ
 
■カレンダー

■プロフィール

Uni

Author:Uni
守谷英語教室 Uni 松ヶ丘のブログへようこそ!守谷市で小・中・高~大人対象の英語教室を営む英語講師です。同時通訳と同じやり方で英語を学ぶと、とても効果があることを確信してから、多くの生徒たちとその成果を分かち合っています。日々の教室の様子や英語を学ぶ生徒たち、学校での英語教育や講師自身の学習に関することなど、英語に関する様々なことを綴っていきたいと思います。
ホームページ
uni松ヶ丘ホームページ
メールアドレス
unimatsugaoka@gmail.com

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

いないと思って
「先生があまりしゃべらない授業がいい授業よ」
と先輩に言われたことがあります。

先生が一方的に説明するのではなく、
生徒が先生に、答えにたどり着いた経緯を説明できるように育てたい、
との思いからです。

なぜここの答えが is でも do でもなく does になるのか、
ここに could があることで、どうニュアンスが変わるのか、
一度説明をした後は、ストレートに答えだけを教えることはありません。

生徒が勘であてずっぽうに答えた時には、
「なんでその答えになるの?」と突っ込みます。

すぐに正解を得ることに慣れた生徒は
ちょっと辛そうだったり、あからさまにいらいらしたりします。

すぐには答えが出せないとしても、
「テキストのここを見て」「doesとisの違いは?」「仮定法の決め手は?」
などのヒントを手掛かりに、自分で正解にたどり着けるようになってほしいからです。

「試験会場に先生はいないんだから、
自分で答えを見つけ出せるようになってね。」


スポンサーサイト


日記 | 14:07:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad