FC2ブログ
 
■カレンダー

■プロフィール

Uni

Author:Uni
守谷英語教室 Uni 松ヶ丘のブログへようこそ!守谷市で小・中・高~大人対象の英語教室を営む英語講師です。同時通訳と同じやり方で英語を学ぶと、とても効果があることを確信してから、多くの生徒たちとその成果を分かち合っています。日々の教室の様子や英語を学ぶ生徒たち、学校での英語教育や講師自身の学習に関することなど、英語に関する様々なことを綴っていきたいと思います。
ホームページ
uni松ヶ丘ホームページ
メールアドレス
unimatsugaoka@gmail.com

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「わかる」と「できる」
新入会の生徒たちも落ち着いてきて、
新年度2回目の定期テストが近づいています。

新中学1年生や新入会の生徒たちが驚くのが、
当教室でのテスト対策です。
テスト勉強での最初の課題は、
わかったつもりの内容を
「いかに自分ができないか」をわかることです。

テストで点を落とす生徒たちは
「わかる」と「できる」を混同してるので、
「わかった」段階でテストを受けてきます。

「わかっていない」わけではないので
60~70点はとることができます。
が、それ以上ではポロポロと点を落としてしまいます。

見ればわかる、頭ではわかるのと
実際に自分ができるかどうかが別物だということは
日常生活でも考えてみればわかるかと思います。

英語がスポーツのトレーニングに例えられることが多いのも
そうした面が多いからかもしれません。

授業を聞いているときはわかるんだけど、
なかなかテストでは点が伸びない、という場合は、
自分が「わかる」と「できる」を混同していないのか、
ちょっと振り返ってみてください。


スポンサーサイト


日記 | 14:20:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad