■カレンダー

■プロフィール

Uni

Author:Uni
守谷英語教室 Uni 松ヶ丘のブログへようこそ!守谷市で小・中・高~大人対象の英語教室を営む英語講師です。同時通訳と同じやり方で英語を学ぶと、とても効果があることを確信してから、多くの生徒たちとその成果を分かち合っています。日々の教室の様子や英語を学ぶ生徒たち、学校での英語教育や講師自身の学習に関することなど、英語に関する様々なことを綴っていきたいと思います。
ホームページ
uni松ヶ丘ホームページ
メールアドレス
unimatsugaoka@gmail.com

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

夏の結果
クラスも通常リズムを取り返している中、夏休み明けのテスト結果が返って来ています。

さて、生徒に結果を確認すると二通りの反応か…

①「あ~、いつも通りです(だいたい90点~99点)。」
ほとんどの生徒はこちらの反応でした。

②「…やっちゃった(だいたい70~80点台)。」
こちらは4人です。

②の4人は、実は夏休み他塾の夏期講習や部活で
8月いっぱいうちの教室を休んでいました。

ただこの4人も勉強していなかったわけではありません。
(というより、他塾の夏期講習を取っていたからお休みになったわけですが)

同じ時間をかけたのに、なぜ違う結果が出るのか。
うちの授業や夏期講習は、基本みなばらばらの課題に取り組んでいます。

中学1年生で英検準2級の課題に取り組む生徒、3年分の教科書を徹底的に音読する中3生、
ひとりで解けない学校の課題を持ってきて、講師から助言を受けながら自力で取り組む高1生、
1学期しっかり身につけられなかった単語を暗記して、何度も暗記チェックを受けにくる高2世、
部活が忙しくてこなせなかった1学期の課題を必死に解く中2生、
2学期3学期、さらに上の学年の文法事項の先取り学習をする生徒。

ひとりひとりに必要な課題はまったく違うので、本人の力を一番伸ばそうと思うと、
どうしてもこういう形になります。

だからこんなに結果に差が出てきてしまいます。

「またここできちんと授業を行っていけば、
またすぐに力はつけていけるから、休まずおいでね。」
と励まして、また次の課題をこなしていきます。







スポンサーサイト


日記 | 09:18:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad