FC2ブログ
 
■カレンダー

■プロフィール

Uni

Author:Uni
守谷英語教室 Uni 松ヶ丘のブログへようこそ!守谷市で小・中・高~大人対象の英語教室を営む英語講師です。同時通訳と同じやり方で英語を学ぶと、とても効果があることを確信してから、多くの生徒たちとその成果を分かち合っています。日々の教室の様子や英語を学ぶ生徒たち、学校での英語教育や講師自身の学習に関することなど、英語に関する様々なことを綴っていきたいと思います。
ホームページ
uni松ヶ丘ホームページ
メールアドレス
unimatsugaoka@gmail.com

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

講師の楽しみ
前回は教室で講師が生徒に望むことを書きましたが、
生徒に接していると、大笑いして元気をもらうことも毎日あります。

今回はその中でもお気に入りをご紹介します。

その①
講師:「じゃあ、中一の単語を復習しようね。バイバイって書いてみて。」
生徒:「buy-buy」
講師:「・・・・・・・何を買えと?」
(正解はbye-byeですね。buyは「買う」ですよ。)

その②
講師:「教科書はスラスラ読めるようになろうね。
中三のを読んでみようか。わからないところは教えるから、まずは自力でトライしてみて。」
生徒:「…ブ…ブ…ブロッコリンドドゲロス?」
講師:「!?えっ?どこ読んでる?」
(正解は『Brooklyn Dodgers(ブルックリン・ドジャーズ)でした)

中学生・高校生の途中入りの場合は、英語を音読するところから始めますので、
初めは読めなくても当然との認識で指導していますが、
本人たちの一生懸命さと素直な感性が出てくると、
そのネタがすっかり講師のお気に入りになってしまいます。

こんなネタに出会うと、授業中でも講師はにや~っとなります。

決して厳しく指導したり、馬鹿にしたりはしないのですが、
どうも、この「にや~」が生徒たちは悔しいようで、
あっという間にこの手の失敗ネタはなくなってしまいます。

講師としては、指導がうまくいったと喜ぶべきなのですが、
なぜかちょっと残念です。


スポンサーサイト


日記 | 11:29:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad