■カレンダー

■プロフィール

Uni

Author:Uni
守谷英語教室 Uni 松ヶ丘のブログへようこそ!守谷市で小・中・高~大人対象の英語教室を営む英語講師です。同時通訳と同じやり方で英語を学ぶと、とても効果があることを確信してから、多くの生徒たちとその成果を分かち合っています。日々の教室の様子や英語を学ぶ生徒たち、学校での英語教育や講師自身の学習に関することなど、英語に関する様々なことを綴っていきたいと思います。
ホームページ
uni松ヶ丘ホームページ
メールアドレス
unimatsugaoka@gmail.com

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

いろいろな試験がありますが…
先日本部で行われたTEAPの研修会に参加してきました。
都内私立大が入試で採用し始めている英語能力検定試験です。

講師が学生頃には英語の試験と言えば、普通の生徒で学校のテスト、入試、英検。
留学や英語に特化した学部でTOEFL、大学院留学でGMAT。
海外での仕事を目指す友人がTOEICや国連英検ぐらいだったかと思います。

今は高校生でも学校でGTEC、留学を目指す中学生、高校生でELTIsやSLEP。
大学生でIELTS、社会人にもBULATSなど、百花繚乱の様相を呈してきています。

また、今の中学1年生から始まる2020年の入試改革にどのように対応していくのか。
常に講師も研鑽を積みつつ、生徒たちのためにはどんな授業が必要なのか、
目の前の生徒の課題に取り組みながら、仲間の先生たちと切磋琢磨しています。

それでも自信を持って言えるのは、基礎がしっかりできていれば、
必ず対応できるということです。

きちんと単語に取り組んできた生徒は、そのテストに必要とされる単語を
その上に積み上げていくだけです。

今の教材のリスニング、シャドーイングができている生徒は、
そのテストのリスニング教材を繰り返しリスニング、シャドーイングしていきます。

読解や文法に関しても、正しく読む力がついていますから、
複雑な文を正しく読むべきなのか、情報を素早く読み取るべきなのか、
読み方をテストに合わせて調整していきます。

今目の前にあるポイントを外して、いきなり山頂にたどり着くことはできません。
正しい道を進むガイドは常に後ろに控えていますので、
安心して今日の課題をきっちりこなしていきましょう。



スポンサーサイト
日記 | 12:04:21 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad