FC2ブログ
 
■カレンダー

■プロフィール

Uni

Author:Uni
守谷英語教室 Uni 松ヶ丘のブログへようこそ!守谷市で小・中・高~大人対象の英語教室を営む英語講師です。同時通訳と同じやり方で英語を学ぶと、とても効果があることを確信してから、多くの生徒たちとその成果を分かち合っています。日々の教室の様子や英語を学ぶ生徒たち、学校での英語教育や講師自身の学習に関することなど、英語に関する様々なことを綴っていきたいと思います。
ホームページ
uni松ヶ丘ホームページ
メールアドレス
unimatsugaoka@gmail.com

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

小学生からの英語
小学生から英語を始めるメリットは、「英語嫌いにならないこと」です。
小学校までは楽しかった英語が、中学に入ったら嫌いになるパターンも多いですし、
中学入学当初は簡単に100点が取れたのに、いつのまにかさっぱりわからなくなってしまった、
という生徒も教室にやってきます。

小学生からずっとこの教室で勉強していて「英語が苦手」という生徒は一人もいません。
定期テストで80点台を取ると、「今回はすごく悪かった」としょげてやってきます。

それでも「英語は勉強すれば必ずできる」という自信があるので、
英語ができない、と落ち込むのではなく、「宿題をやらなかった」ことを反省します。

「英語が苦手」という意識が身についてしまうと、それを取り除くのには
とても長い時間がかかります。その間にも学習する内容は難しくなっていきます。



また、英会話や歌やゲームで初歩的な英語を楽しくつかってきた生徒は、
「文法」を毛嫌いする傾向があり、「日本語で英語を勉強するのは嫌いなんだよね」と
拒否反応を起こす生徒もいます。

英語を母国語とする人々のように、1日24時間、目や耳から英語のシャワーを浴び、
日本語を覚えたときのように、自分が話す英語を一つ一つ丁寧に正してもらえる状況で、
圧倒的な量の英語体験ができるならば、自然に正しい英語を体得することができます。

しかし、多くても1日1時間、下手をすると週に1回の英語体験で、年齢相応の
通じる英語を身につけることは不可能です。

それを効率的に勉強するために「文法」があるのです。

文法用語を覚えるのが目的ではありませんし、学んでも
実際にその文法を使った英語を口に出して使わなければ
文法を使いこなせるようにはなりません。

ある程度真剣に英語を勉強した人で、
文法は必要ないという人はあまりいませんが、
英語が苦手な生徒はたいてい抵抗を示します。

講師:「前置詞の後ろは目的格がくるよ、それで…」
生徒:「あ~。俺日本語で英語を勉強するのは嫌いなんだよね」
講師:「じゃあ、前置詞と目的格を全部英語で言え。」
生徒:「え~~!!」
講師:「はい、at, on, to, for, into, after, with …
あ、前置詞と接続詞のforはどうやって違いを説明する?」

 大体これで表面上はおとなしくいうことをきくようになります。
文法は「覚えなきゃいけないめんどくさいこと」ではなくて、「便利な道具」です。


一方、小学生に教える文法は、ほとんど文法用語は使いません。
不定詞を教えるときも、
講師:「to の後ろにある単語は動きを表す言葉?ものの名前?」
生徒:「動きを表す言葉。」
講師:「動きを表す言葉を動詞と呼ぶよ。後ろに動詞が来た時のtoは、
①②③で訳すね。①②③覚えてる?」
生徒:「① ~すること、②~するための、③~するために。」
講師:「じゃあそのなかから一つ、一番ぴったりなのを選んでね。」

という風に学びます。中学生から高校生レベルになると、
①②③は「名詞的用法、形容「詞的用法、副詞的用法」となりますが、
小学生から始めた生徒はこうした文法用語も中学で「ふーん」とすんなり覚えていきます。

英語が嫌い、英語は難しいとなってしまう前に、
ぜひ後々まで使える英語を学んでいただきたいと思います。


スポンサーサイト
日記 | 14:45:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
英検の結果が続々と
第2回英検の結果の報告が続々と届いています。
入会した時期により、受検する学年も級も様々ですが、
今のところ全員合格です。

高1のT君は入会して半年で準2級の一次突破。
小6のKさんは、3級の1次を51点で合格。
中3のMちゃんも準2の一次を合格して、二次の準備に入っています。
小6のY君も4級合格とごく少数の教室ながら、みんなきちんと成果を出してくれています。

他にもたくさんの生徒が「受かった!」とうれしい報告が続いています。
それを見て第3回には自分も受ける、と他の生徒も刺激を受けています。
去年高1で2級の一次に合格したものの、学校行事で2次を受けられなかったRさんは、
1月の第3回試験で準1級合格目指して頑張っています。

第3回も嬉しい結果報告をたくさん聞けそうです。
小学生クラスの6年生は今、中学入学後に向けて準備を始めています。



日記 | 14:12:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
中学・高校・大学・TOEFL・TOEIC
英会話教室や塾とは違う当教室のメソッドは、

①英語と日本語の違いを踏まえた構造理解
②語順の通りに英語を理解していく徹底的なトレーニング
③きちんと時間を取って取り組むCDに沿った音読
④一人一人の状態を把握できる少人数制

が大きなポイントです、

今日はそうした方法がどんな成果につながるかを
具体例をあげてご紹介します

小学4年生からこのメソッドで英語を学んできたK君は
高校2年生で初めてのTOEFLibtで81、
先日のK合模試では偏差値78を取りました。

「海外大学で奨学生として学ぶ」条件をクリアするために
今はTOEFLibt100超えを目指して頑張っています。

同じく小学生から続けているYさんは、
高校入試で苦手の数学を英語でカバー。
「この数学の点数でこの高校に入ったのは君くらいだ」
と言われたそうです。
高校に入ってからも部活で休みがちになりながらも、
続けて通っているのは、高校に入ってからこの方法の良さを
実感してくれたから。

「中学で英語で同じくらいの点数を取っていた友達が、
高校に入って英語がさっぱりわからなくなったって。
他の個別に行ったけど、その個別での説明がさっぱり理解できないって言ってます。
僕はここで英語をやってて、本当に良かった。」

小学生・中学生も、英検や定期テストで
このメソッドの良さを実感してくれているのですが、
高校・大学入試・そしてTOEICやTOEFLで、
生徒たちは身についた自分の実力を実感してくれています。



日記 | 14:15:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
講師の楽しみ
前回は教室で講師が生徒に望むことを書きましたが、
生徒に接していると、大笑いして元気をもらうことも毎日あります。

今回はその中でもお気に入りをご紹介します。

その①
講師:「じゃあ、中一の単語を復習しようね。バイバイって書いてみて。」
生徒:「buy-buy」
講師:「・・・・・・・何を買えと?」
(正解はbye-byeですね。buyは「買う」ですよ。)

その②
講師:「教科書はスラスラ読めるようになろうね。
中三のを読んでみようか。わからないところは教えるから、まずは自力でトライしてみて。」
生徒:「…ブ…ブ…ブロッコリンドドゲロス?」
講師:「!?えっ?どこ読んでる?」
(正解は『Brooklyn Dodgers(ブルックリン・ドジャーズ)でした)

中学生・高校生の途中入りの場合は、英語を音読するところから始めますので、
初めは読めなくても当然との認識で指導していますが、
本人たちの一生懸命さと素直な感性が出てくると、
そのネタがすっかり講師のお気に入りになってしまいます。

こんなネタに出会うと、授業中でも講師はにや~っとなります。

決して厳しく指導したり、馬鹿にしたりはしないのですが、
どうも、この「にや~」が生徒たちは悔しいようで、
あっという間にこの手の失敗ネタはなくなってしまいます。

講師としては、指導がうまくいったと喜ぶべきなのですが、
なぜかちょっと残念です。




日記 | 11:29:34 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad