■カレンダー

■プロフィール

Uni

Author:Uni
守谷英語教室 Uni 松ヶ丘のブログへようこそ!守谷市で小・中・高~大人対象の英語教室を営む英語講師です。同時通訳と同じやり方で英語を学ぶと、とても効果があることを確信してから、多くの生徒たちとその成果を分かち合っています。日々の教室の様子や英語を学ぶ生徒たち、学校での英語教育や講師自身の学習に関することなど、英語に関する様々なことを綴っていきたいと思います。
ホームページ
uni松ヶ丘ホームページ
メールアドレス
unimatsugaoka@gmail.com

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

教室について
当教室は2007年から当地にて英語教室を開講しました。
「読む・聞く・書く・話す」を同時通訳と同じ方法でバランスよく学ぶメソッドは、
教室で学んできた多くの生徒に確かな英語力をつけてきています。

講師は筑波大学比較文化学類で学び、在学中からアジア、ヨーロッパ、南北アメリカを回り、
「グローバル社会の中での英語」について学び、研鑚を深めてきました。

塾講師、在宅添削指導者など教育関連の職業を経て、
現在の英語教育法の原型となる指導法に出会いました。
その中で多くの英語指導者、受験指導者に出会い、
英語教室運営を経て、現在「守谷英語教室 Uni 松ヶ丘」として
多くの生徒に英語教育を提供しています。

講師自身も3人の子供の母であり、
子供たちが将来必要とされる英語力を身につけるには何が必要かを考え、

「CDを用いて徹底的に英語を聞く」
「聞いた英語をすらすら口から出てくるまで音読する」
「学校で軽視されていく文法を体系的に学ぶ」
「同時通訳と同じ方法で英文を読みこなしていく」

を一人一人丁寧に実践していくこのメソッドが
もっとも着実に英語力をつけていくことができると実感しています。

授業は一クラス5~6人までの少人数制で、
「誰でも、どこからでも、いつからでも」英語の力を伸ばしていけるよう、
一人一人にあったカリキュラムを組み、実践できるよう指導していきます。
 
また、志を同じくする諸先輩方や元気いっぱいの仲間たちと研修会を重ね、
常に最善の英語教育とは何かを求め続けています。

「ウィングローブ英語塾 守谷松ヶ丘校」としても活動しており、
当教室で「ウィングローブ英語塾」の教材やメソッドを取り入れた授業を受けることができます。

 在籍生が通う高校は公立・私立と様々です。本人のレベルに合わせて学んでいくので、
学校で使う教材・学年・学校の英語教育レベルにとらわれずに
一人一人の英語の力を伸ばしていくことができます。

大学受験指導でも大きな成果を上げています。去年の大学受験生は3名でしたが、
茨城大学、東京理科大、明治、法政、専修など各自が志望校合格を勝ちとっています。
高校受験生も、私立で90点台後半、公立入試で100点を取り、受験校全に部合格しています。

得意の英語を生かして選抜試験を突破し、短期・長期と留学する生徒も続いています。

興味を持たれた方は、ぜひ「守谷英語教室 Uni 松ヶ丘」で検索して、HPをご覧ください。


スポンサーサイト
教室紹介 | 17:14:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
中間テスト
中学・高校の中間テストが終わりました。

「100点取れなかった~。98点だった。」「平均点より20点上だった。」「今までで最高得点だった。」
などうれしい報告が続いています。

今までで一番すごかったのは「点数が倍になった。」
いまだにこの記録は破られていません。

この教室の目標は「大人になっても使える英語の力を身につけること」なので、
通常授業では教科書の学習は時間配分で言うと1割前後。

授業の大部分の時間は、厳選された教材を(CD付きの原文がメインです)同時通訳と同じ方法で訳し、
徹底的に音読をします。

また文法学習も不可欠なので、小学生から大学生まで一貫したカリキュラムで
体系的に学んでいきます。

相対的に少ない教科書の学習時間で結果が出せるのは、
幹となる英語力の育成に力を注いでいるからです。

「中学になったら、英語が嫌いになった。」
「高校になったら、英語の授業がさっぱりわからない」
「リスニングで点数を落とす」
などは、根本的な英語学習に時間を割かずに、
丸暗記やプリントやワークの繰り返しで英語を学ぶからです。

英語は生きた言葉ですから、
「英語の音を聞く」
「自分で英語を口に出す」
「英語と日本語の構造の違いを知る」
「英語の決まりを学ぶ」
をバランスよく学び、繰り返しトレーニングをしなければなりません。

同じ時間英語を学ぶならば、テストにも受験にも、検定試験や就職にもつながる
「使える英語」を学ぶことに時間を割いていきたいですね。

教室紹介 | 16:55:49 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad